サービス広告

サービス広告ポータルサイト
企業PR広告
■該当件数1件中<1 〜 1を表示> 1

整骨院での偏頭痛 太田市 かわうちはり灸整骨院


片頭痛とは・・・

頭痛を訴える患者さんの大部分は、自らを「頭痛もち」と思っています。
この頭痛もちの頭痛の中にはいくつかの種類がありますが
最も多く、しかも悩まされるのが「片頭痛」です。
片頭痛は頭の片側からこめかみにかけて脈打つように「ずきずき」、「がんがん」と痛み
ひどいときには日常生活が妨げられるほどの強さの痛みや、吐き気を伴うとてもつらい頭痛です。
片頭痛は思春期頃から発症することが多く、日本では人口の約8%が罹患していて
中でも若年から中年の女性に多いといわれています。(日本頭痛学会『慢性頭痛診療ガイドライン』より)
片頭痛は一生の病気であり、現在の医学では完全に治すことはできません。
ただ、片頭痛の正しい知識を身につけ、上手に対処することで
より快適な日常生活を過ごすことができるようになります。

片頭痛の症状・・・

片頭痛はその名の通り、片側の頭痛として現れることも少なくありませんが
痛みの現れる部位が左右変動する場合や、両側に左右差のある痛みがでる場合
両側が同じぐらい痛む場合など、痛みの種類はさまざまです。
片頭痛の特徴は以下のとおりです。片頭痛はその名の通り、片側の頭痛として
現れることも少なくありませんが、痛みの現れる部位が左右変動する場合や
両側に左右差のある痛みがでる場合、両側が同じぐらい痛む場合など
痛みの種類はさまざまです。
片頭痛の特徴は以下のとおりです。
・脈拍に合わせてズキンズキンとした痛みである。
・痛みは頭の片側の時が多いが、両側の時もある。
・頭痛は、数日〜数週間の間隔をおいて発作性に現れる。
・一回の頭痛は数時間から3日続く。
・頭痛発作の時に、悪心(吐き気)、嘔吐などを伴うことがある。
・頭痛発作の時に、強い光や大きな音、不快なにおいで頭痛が強まることがある。
・明け方から目覚めの時に頭痛発作が起こることが多い。
・頭痛の強い部分を手で圧迫すると、その間は痛みが和らぐ。
・30歳までに発症することが多い。
・頭痛発作の時、またはその直後に下痢や発熱などの症状があらわれることがある。
・血縁者の中に似たような頭痛を訴える人がいることがある。

日本人の約8%の人が悩み、男性よりも女性に多く見られる偏頭痛。
予防策を考えるために、どういったときに偏頭痛が起きるのかチェックすることが重要です。

自分がどういった時に偏頭痛が起きるのかを知ることで偏頭痛は予防できます。

・人混みの中に行くと起こる
・睡眠不足の時に起こる
・うるさい音を聞くと起こる

というように、偏頭痛が起きてしまう環境やシチュエーションを特定し
自分がどういったときに偏頭痛が起きるのかを知ることで予防するようにしましょう。

また、ストレス状態から解放されると偏頭痛が起こることがあるという点から
ストレスをためないことも予防策と言えます。
これは、普段からストレスフルな状態にならないようにしておけば
血管が収縮してしまうことも少なくなるからです。

まずは規則正しく生活することが大切です。
バランスの偏った食事や寝過ぎ、逆に寝不足状態にならないようにすることが予防につながります。

そして、偏頭痛を起こす物質を含む食べ物は控えましょう。
偏頭痛